年明け早々ASTROばかりを見ている話

雑記
スポンサーリンク

こんにちは、2022年。ことしの目標は「新規の沼に浸からない」。
というわけで今日の話題はASTROの皆さんでーす。わー!!

ASTRO、たぶんわたし経由でこれを読んでくださる方は知らない人のほうが多い、わたしも5日前まで知らなかった、という彼らは韓国の6人組アイドルグループです。
歌って踊ってわちゃわちゃバラエティして、それぞれが俳優など個々の活動にも取り組んでいるTHE・アイドルグループだ。うわぁ~そういうのちゃんと見るの何年ぶり?……いや、何十年ぶり??(時の流れがこわい)

ちゃんときっかけを書いておく。
2021年4月に『ALTAR BOYZ』というオフブロードウェイ作品の日本版ショーにどっぷりとはまったわたしは、沼落ちしたはいいものの、日本においては『配信なし』『音源なし』『もちろん円盤もなし!』という三重苦に耐えかねて、おとなり韓国版のアルターボーイズに手を出した。(世界各国で上演されている人気の演目なのです。)
こちらは、日本やアジアデビューもしているようなアイドルたちがキャストで出ていることもあり(たぶん)、嬉しいやら悲しいやら、ともかく2021年12月の公演を日本でも配信で見ることができたのだ!
というわけで、からっからに乾いた砂漠で見つけた500mlペットボトル入りの水!とばかりに飛びついたわたしは、彼らを演じていたアイドル二人に目を奪われた。

一人は、マーク役を演じたGOLDEN CHILDというグループに所属するホン・ジュチャンくん。『ジュチャン』で検索かけるとだいたい出てくる方。
10人組グループのメインボーカルを張ってるだけあってとにかく歌がうまい!お国柄の関係(と言われているが……)で、彼の役柄は本来ストーリーの骨格の一部を成すはずの「ゲイ」(かつチームメンバーの一人に恋をしている)という要素がばっさり刈り落とされてしまっていたのだけれど、それがもったいない……というか逆に苦しくもなってしまうくらいに、彼のメイン曲『Epiphany』 がすばらしかった。

所属グループのほうでは、歌がよいだけでなく喋るのも得意で、ヴァイオリンやピアノも弾ける。そして、気持ちのいいくらいよく食べて、めちゃくちゃ笑い上戸。気になる魅力がたくさんなので、手を伸ばさないよう必死でこらえている。
ゴルチャ、ことし日本デビューするらしいけど聞かなかったことにしよう。……ところで日本デビューってどういうこと?日本のレーベルから曲出すってことだろうけど、日本語で歌うってことなのかな?気になるけど知らないもん……

そしてもう一人が、アブラハム役を演じたユン・サナくん。アルターボーイズとしては、こちらも歌が上手くて折り目正しい優等生のアブラハムをまじめに演じているな、という印象だったのだが……彼の所属するグループASTROでの姿を見てると……ちょっとこれは……(!!)

というわけで本題、ASTROのはなし。22~28歳くらいの男性6人組ダンスボーカルグループです。メンバーにチャウヌという人気俳優がいるので、もしかしたらそっちで知ってる人のが多いのかもしれない。なにせ見始めて3日なのでなにも、ほんとになにも、わからない。(ちなみにこの文章を書いているのは2022.1.7のこと)
でも、わからないなりに見始めた彼らのMV、そして楽曲パフォーマンス、それがめちゃくちゃよくて……!最初は解像度が低すぎてみんなが同じ顔に見えるし同じ声に聴こえたのに、それでもダンスとステージがハッとするほどカッコよくて……!!
気づけばYouTubeを繰る手が止まらない、だれかとめて、たすけて、わたしには今月下旬のイベントと締切が待ってるの。

ASTROについて、まったくのゼロから学びを始めたので、何か見るごとにどんどん「見える」ものが増えていくのが面白い。
最初はほんとにサナくんの顔、そして身長がいちばん高いということしかわからず、とりあえず目で追っていた。でも、時期によっては顔?髪形?身長?すべてがまぎらわしくてぜんぜん見分けられないメンバーとかもいて(笑)ファンの方が作った紹介動画を探して、なんとか6人、顔と名前を覚えるところからスタートした。
顔と姿がぱっと分かるようになると、あ、とくにダンスがうまい人だなとか、身のこなしに華があるなとか、身長高い組と普通組とでフォーメーション面白いなとか、どんどん見るべきポイントが増えていった。ダンス、というかパフォーマンス、がとにかくきらきらと輝いて見えて、そして何より6人全員めちゃくちゃ顔の造形が魅力的で、いくら見ていても見飽きない。
そうなってくると、今度は声を聞き分けたくなるのが心情というもので、でもこちらはなかなか難易度高かった!ラップのジンジンとラキはすぐわかるようになったけど、ほかの4人はとても声が似ているなあと思う。聞き分けできるようになるのが当面の目標です。
(1.10現在、ムンビンはわかるようになった。MJは高音で歌ってくれるとわかる。ウヌとサナは歌い順によっては混乱するけどけっこうわかるようになった。人の耳、進歩するね!)

というわけで、ほんとに数日ASTRO漬けなので、彼らの何にこんなにわたしは引き寄せられてるのかな、と考えつつ、MVだけじゃなくてテレビでのステージとかバックステージ、そしてバラエティ系の動画もちょこちょこ見てみたのだけど(とにかく量がある、ありがたい)……圧倒的に、ステージパフォーマンスが良い。大好き。
RADIO FISHきっかけでヒップホップを中心としたダンスに親しむようになってから、自分でかじってみたりもして、さらにはヒプステにはまったことでダンスを「見る」沼のほうに片足つっこみかけたりして、そうやって数年見てきて「かっこいいなー!」と思うようになったものが彼らのパフォーマンスにたくさん詰まっている、と感じる。

というあたりで、メンバー一人ずつ今の所感を書いていこうと思う。
続けて好きだったときに、初見時の感想ほど美味しいものはないので……!!

MJ
最年長。歌がうまい。身長は高くないけどキラキラとしたオーラを全身から放っている。びっくりするほど美人すぎるときがあって焦る。高音がきれい、メロディのうしろでファルセットきかせてるのだいたいMJ?好き。

ジンジン
リーダー。ラップがイケボすぎて腰抜ける。きらきらというよりはふわふわしたオーラ、もふもふした犬。誰かに怒られるかもしれないけどチーモンチョーチュウの菊地さんに似てる。わりとしょっちゅう在りし日の菊地さんを見てる気分になる。

チャウヌ
「顔の天才」「顔面国宝」と呼ばれるのも納得。担当:ビジュアル、ってまじであるんだ……っていっそ笑ってしまうほど。背が高いのだけど、威圧するでももてあますでもなく『等身大』って感じなのがすごい!存在そのものが才能!と思った。

ムンビン
黙ってると猫で笑うと犬だからモンニャンイ(ワンニャンコ)、ってキャッチフレーズを持ってるんだけど、ふだんはおにいさんでたまにものすごくおねえさん…と思うことあります…『ONE』のダンスとか。ダンスもたたずまいも魅力的な視線泥棒。

ラキ
とっても不思議な子!ふわふわホワホワしてるときと、びっくりするほどキメてるかっこいいときのギャップがかなりある。ラップも書いてるようだし、ダンスもものすごいし、パフォーマンスの要なんだなぁと随所で感じる。

ユンサナ
末っ子、マンネ。素の「みんなのおとうと!ぷっぷー!」という姿を見てしまうと、ステージでのかっこよさに度肝を抜かれる。毎回新鮮にびっくりしている……

アルターボーイズのアブラハムさん(サナ)のこともすこし書いておきたい。
バンド結成のシーンで、マークにキリスト教のミサ服を着せてもらってたところがとてもかわいかったんだよな。日本だとバンド隊が着せてくれるので、「メンバーにやってもらってる!」という衝撃があった。(ユダヤ人で仲間外れにされかかるところから話が始まるから。)
歌声は端正でまっすぐ、『The Miracle Song』(だっけ?)のスキャットとか控えめだったと思うんだけど、彼のメイン曲『I Believe』も含めて、歌がとってもすてきだった。
ラスト、バンドを裏切ったメンバーたちの告白をきくシーンでは、自分ひとりが裏切られる形となったにも関わらず「みんながバンドに戻ってくる」と確信しているかのようなまっすぐな態度と瞳、言葉がとても印象的だった。
しかしそれら、グループでの末っ子の姿を見ていたら、なんか全部腑に落ちたきがする(笑)末っ子マンネをヒョン(お兄さん)たちが置いていくわけないもんなぁ。アルターボーイズでも最年少最高身長だったみたい。アルターボーイズのサナ、また見たいよ~~~

最初はASTROのことを「6人か…多いな…」と感じたのですが(記憶力に自信がなさすぎる)、よく考えたらわたしの原点RADIO FISHも6人組である。アカバネとアサクサだって合わせたら6人だ。6人……いい数字ですね!ちょろい。
ASTROのロゴマークは六芒星がモチーフ。余談だが、サナくんが演じたアブラハムは名前からわかるとおりのユダヤ人であるし、アルターボーイズのストーリーの核となるフレーズには「ひとつの星のきらめきは、星たちの連なる星座ほどには明るくなれない」というものもある。

ステージでパフォーマンスしているASTROの6人は、夜空に輝く星たちのようにきらびやかで美しい。一人ひとりもとても惹きつけるものを持つ彼らだけれど、グループでいる姿がとても素敵だ。グループを応援するのが、わたし、やっぱり好きだな。
曲はまだまだ勉強中だけれど、今好きなのは『Knock』と『ONE』。たぶんわたし最近の曲からよく聞いてるんだと思う。
韓国語だから歌詞はぜんぜんわからないけど、天の川みたいに流れるメロディーライン、目を奪われるダンス、そしてきれいなハーモニー。目に、耳に刻み込まれてしまった。どうやらしばらくこの星空からは降りて来られないようだ。

↓オンラインだけど初めてライブをリアルタイムで見た感想

コメント

タイトルとURLをコピーしました